吸角(きゅうかく)療法とは? 吸い玉・カッピング

「吸角(きゅうかく)療法」というものを
聞いたことがありますか?

聞いたことがない方でも動画で見ると
「あっ!見たことある!」
と思うかもしれません。

まずは動画をご覧ください。


吸角(きゅうかく)療法

突然タコヤキが膨らむようにぷくーっと
吸い上げられるのでびっくりしたかもしれませんが、
これが吸角療法です。

これは主に肩こりや腰痛の方に使われています。


肩こりの時の施術例


施術後のアザ うっ血している時には黒に近い色になります。

この治療法はオリンピックの水泳選手や体操選手などの
カラダに吸角の後のアザが残っていたことで
一時話題になりましたが、
その歴史はとても古くソクラテスの時代までさかのぼると
言われています。

大昔はガラスではなく下の画像の様に
動物の角(つの)を使っていたことから
吸角(きゅうかく)と呼ばれているらしいですが、
ガラスの球を使うようになってから吸い玉(すいだま)
やカッピングと呼ばれる方が多くなったようです。


かつての吸角療法

こんな使い方もしてみました↓
画像をクリックすると別の記事に移動します。


背中の黒ニキビを吸角で吸い上げた結果、、、

コメントは受け付けていません。