はりとお灸

私たちはゆがみと姿勢の専門家です。

はりとお灸

はりはどんな時にあっていますか?

はりはギックリ腰や寝違いなどの強い痛みから長引く肩こり・腰痛、それ以外にも健康維持のためなど幅広く使えますが、利用率が高いのは肩こり、腰痛です。

マッサージや整体でも変化がでなかったという人が受ける場合が多いですが、強い痛みやしびれなどの時には整体や骨盤矯正などの手で行う手技療法ができないためはり治療で対応していきます。

そのほか妊活として東洋医学のはり治療やお灸を併用すると成功率があがることが報道されてから妊活希望で利用したいという希望者がとても増えています。

その他に更年期のホットフラッシュと呼ばれる上半身へののぼせや自律神経の不調にもはり治療と相性がよく、ストレスの多い現代では働く世代の方から不登校気味の学生さんまで広く利用されています。

整体やマッサージでもみ返しと呼ばれる筋肉痛になってしまう方でも安心して受けられますのでご安心ください。

はりは痛くないですか?

はり治療は髪の毛ほどの太さの極細の針を使い、多くの場合カラダには数ミリしか刺しません。

小学生でも受けるようなソフトなアプローチです。

使い捨ての針のため衛生面でも問題ありません。

受ける時に服をすべて脱ぐことはありませんが、 なるべく痛い場所がだせるような格好でお願いします。

尚、はり治療を受けた日でも入浴は可能です。

お灸はやけどにならない温熱刺激によるお灸です。
安心してご相談ください。