正しいマッサージの受け方 その1

ベビーマッサージ後に赤ちゃんが死亡したという記事が
大きく報道されていました。

子育て支援のNPO法人の代表によるマッサージだということですが、
こういったマッサージ後の骨折などの被害の記事を目にすると
とても残念な気持ちになります。

私たちの所にも、

「整体にいったら首を痛めた。」
「矯正を受けたら歩けなくなった。」
「クイックマッサージへ行ったら強くもまれすぎて首が回らなくなった。」

といって来院される方が本当にたくさんいます。
身体のケアをしてもらいに行ったのに壊されてしまうのは本末転倒です。

しかし、残念ながらこういった問題はそう簡単になくなりません。
というのも法整備がされないとどうにもならないからです。

私たちの業務は「皆さんの健康をサポートすること」なので
皆さんが身体を壊さないため、正しい情報を提供することも大事なのではないかと思い、
このテーマの記事を紹介することに決めました。

まず、正しいマッサージの受け方の前に
マッサージとは何か?ということから説明させてください。

「マッサージ」という資格は厚生省の認可した3年制の養成施設で
解剖学や生理学などの身体のしくみを勉強して卒業し、
さらに国家試験に合格したマッサージ師が行う施術をいいます。

しかし、実際には○○式マッサージなどのように
マッサージ師の資格を持たない人も店舗を出せてしまう状況のため、
一般の方からは国家資格を持ったマッサージ師の治療院と
資格を持たない人の店舗との違いを区別することができないという
状態になっています。

わかりやすくいうと、
整体、カイロ、○○式マッサージやボデイケア、リラクゼーションという今どきの店舗は
国家資格のマッサージ師の運営するものではない場合がほとんどです。
こういった店舗は、極端な話ですがまったくの素人でも開業することが可能です。

一方で、国家資格のマッサージの資格を持つ
資格者の運営する治療院は小さな看板しかでていないような
外観の建物が多いです。

マッサージの資格を持たずとも、マッサージをイメージさせるような
整体、カイロ、ボディケア、リラクゼーションという名前でなら
開業ができてしまうという問題が規制されずにきているので、
こういった店舗がフランチャイズ化しています。
今では駅ビル、ショッピングモール、空港などどこにでもあります。

「私が通っているのは接骨院や整骨院の先生なら国家資格を持っているから安心!」
と思われるかもしれませんが、
接骨院、整骨院の先生である「柔道整復師」という資格者も
マッサージの教育は受けたのではなく、
かつての修行先で教えてもらって覚えた技術です。
そしてその教えてくれた先輩もマッサージ師の資格を持っていない
というケースが非常に多いということが現状です。

いずれにしても、技術が伝わっていく中で伝言ゲームのようになり
末端の方に進むにつれ原形をとどめていないことがほとんどです。

柔道整復師も厚生省の認可する3年制の養成施設を卒業して国家資格を受けるのですが、
この柔道整復師の勉強をする柔道整復科ではマッサージを学ぶ授業などはありません。
柔道整復科は捻挫、骨折などのケガの応急処置について学ぶ学科だからです。

接骨院や整骨院でマッサージを受けたことがある方がいるかもしれませんが、
その施術者がマッサージ師の資格をもっていないなら、
残念ながらその方も国が認可した養成施設でマッサージを勉強したわけではありません。

ちなみにマッサージ師の平成26年2月に実施された国家試験の合格者数は
全国で1466名です。
鍼灸院の開業権のある鍼灸師の合格者数はおよそ3900人。
接骨院、整骨院の開業権のある柔道整復師の合格者数は5349名。

比べてみてもわかると思いますが、マッサージの国家資格を持つマッサージ師は
決して多くはありません。むしろ非常に少ないです。

誤解しないでいただきたいのですが、
この記事は「マッサージの国家資格を持たずに施術している世間の激安マッサージ店や
整体院の先生は身体のことに関する勉強をしてないから危険だよ」と言っているわけでありません。

資格の有無や種類に関係なく、
勉強している先生は勉強していますし、
経験についてもそうです。

世の中にはマッサージ師の資格を持たない施術者でも
マッサージがうまい方もたくさんいると思います。

その反対に、マッサージ師の資格を持っていても
クライアントさんの身体を壊してしまうこともあると思います。

問題なのは誰でも彼でも簡単にマッサージのようなビジネスを
開業できてしまうことだと思います。

まずは最低限の教育を受けた人しか開業ができないという
ぐらいの規制が必要だと思います。

そして、世間の人たちから資格者と無資格者の区別がつかないことも
大きな問題だと思います。

今回のベビーマッサージの死亡事故の件でもそうですが、
ベビーマッサージの資格をもった施術者に依頼したお母さんは
その施術者のことを教育を受けた人として信頼していたと思います。

NPO法人ということでさらに信頼できると感じていたかもしれません。
(実際にはNPO法人を作るのは決して難しくはありませんし、
マッサージの技量を保証するものではありません。)

もしこのお母さんがマッサージ業界の現状を知っていたら、
そしてマッサージを受ける時の注意事項を知っていたら
こういった事故も防げたかもしれません。

そう思うともっと業界の現状を変えていかなければ
いけないと思います。

「症状を治せば資格がなくてもいいんじゃない?実力がすべてだよ。」
「下手な資格者より、無資格でも上手ならいいんじゃない?」
という意見も度々耳にしますが、
運転技術が優れているという理由で
暴走族のリーダーは運転免許をとらなくてもいい
とはならないはずです。

技術が優れていれば、社会的なルールが免除される
というシステムは聞いたことがありません。

技術云々ではなく、人の身体を触る業種に参入するには
最低限クリアすべき障壁が必要なんじゃないかと思います。

というわけで、皆さんがマッサージを受けたいなと思った時には
以上のことを理解したうえでお店をお選びください。

国家資格のマッサージ師かどうかは市役所、保健所に聞いても
調べることは可能です。

最後におさらいですが、
以下の名称の店舗は国家資格をもったマッサージ師が
マッサージを提供する施設ではありません。

国家資格者による施設 ※マッサージ師の資格ではない
・接骨院、整骨院(柔道整復師) / 捻挫や脱臼などのケガの施術をする施設
・鍼灸院(鍼灸師) / はりやお灸で身体の不調に対して施術する施設

民間資格者による施設
・整体院 / 主に身体のゆがみなどを調整することを目的する。(院によって異なる)
・カイロプクティック / 主に身体のゆがみなどを調整することを目的する。(院によって異なる)
・ボディケアという言葉を使うサロン / リラグゼーション目的にする(店によって異なる)

マッサージ師の資格を持った施設は、名称や外観からは判断が困難なので
資格者のマッサージを希望の方は直接店舗へ確認するか、
地域の保健所で確認してください。

繰り返しになりますが、資格者だからといって事故がないわけではありませんし、
「マッサージが上手!」と感じるかはその方の感じ方によって違います。

次回はマッサージを受ける時の注意事項をご紹介します。

次回へ続く

※この記事は特定の流派などを否定するものではなく、
 マッサージなどの施術による事故防止を願って書いたものです。

磐田市で「肩こり」「頭痛」のことなら赤とんぼ整骨院!!
438-0816 静岡県磐田市宮之一色 686-1
ご予約 0538-37-2745


不妊の無料相談会について
妊活スタートブック
頭痛 肩こり 腰痛なら
妊娠中の交通事故治療にも対応

 

コメントは受け付けていません。