公式ブログ

日々の出来事を更新しています。

女性は7の倍数で年をとる 

カテゴリ:レディース鍼灸について

かつて1975年には日本人女性が第一子を産む平均年齢は25.7才でしたが、
2011年ではついに30歳を超えました。(2011年人口動態統計より)

晩婚化と晩産化へと社会が変化していくにつれ、
日本では不妊という問題について耳にすることが増えてきました。

病院などで受けられる不妊治療には、薬物治療からタイミング療法、人工授精、体外受精など
さまざまな種類の治療がありますが、不妊は原因がわからないことも多く
治療を受けてもなかなか妊娠にいたらない方も少なくありません。

一方、生理学的に明らかになってきていることもあります。
それは35歳くらいから卵子の老化が始まるということです。
東洋医学でも女性の身体は7の倍数の年齢で変化していくと言われ、
35歳からいわゆる老化現象が始まっていくとされています。

女性のカラダの変化

7歳

歯が生え変わる

14歳

月経が始まる

21歳

身体が成熟する

28歳

女性として最も身体の機能が発達する

35歳

顔の色つや、髪のハリに衰えが始まる

42歳

白髪が目立ち始める

49歳

閉経を迎える

黄帝内経(こうていだいけい)より
※中国最古の医学書

身体の機能の老化といっても個人差があるので、
35歳を過ぎると妊娠できなくなるというわけではありませんが、
一般的に妊娠しにくくなる境界線の時期とされています。

原因がわからず決定的な治療法が見いだせない中では、
できるだけ妊娠に有利な年齢で妊娠することが重要になりますが、
晩婚化する現代ではそれも簡単ではありません。

社会が変化し、以前に比べて晩婚化していくなかで必要なのは備えです。
これは妊娠という目的のためだけでなく、充実した健康的な生活を送るうえで非常に重要なことです。
今一度自分の身体の管理の仕方を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

東洋医学の世界では、身体を冷やさないという管理法を基本に考えます。
ここ数年で多く受ける相談は、「現在治療中だけど、自分でできることもやっていきたい。」というものです。
東洋医学の健康管理を現在の不妊治療と併用して行いたいという方はお気軽にご相談ください。