公式ブログ

日々の出来事を更新しています。

ゆがみとは?

カテゴリ:★姿勢と動作のお話


私の頭痛の原因はカラダのゆがみなのかなぁ?
生理痛がひどいのもゆがみのせいかなぁ?
全然やせないのもゆがみのせいかなぁ?など、
そんな声をよく聞きます。

皆さんもゆがみという
言葉を耳にすると思いますが、
このゆがみとは何なのでしょうか?

ゆがみとはカラダの癖(くせ)である

人それぞれ普段の生活での
姿勢やカラダの使い方はちがいます。


家ではイスで過ごす時間が長いという人、
ソファにすわっていることが多い人、
床で横座りになることが多い人など。

姿勢だけでなく、
人によってカラダの使い方や、
運動量もちがってきます。



肉体労働の人、
ずっとすわってデスクワークの人、
立ち仕事の人、
運動などまったくしない人など。

このように姿勢やカラダの使い方によって、
疲れる筋肉の場所がかわってきます。

疲れた筋肉を何もせずに
すごし続けると、
やがて筋肉はかたくなっていき、
骨をある方向へひっぱるようになってきます。

または、使っていない筋肉が
骨格を支えられなくなってきます。

かんたんに言うと、
筋肉が硬くなってしまったか、
弱くなってしまったかで
ゆがみがでてきます。


カラダのゆがみはこうして
ひきおこされます。

つまり、
みなさんの日常での
カラダの使い方の結果が
ゆがみとしてあらわれてくるのです。

ゆがみのとらえ方

ゆがみとは【前後・横・中心軸】を
基準としてみた時に、
中心線からずれているかで
判断していきます。

人によって
前後からみたゆがみが強い人、
横から見たゆがみが強い人、
中心軸からみたゆがみが強い人
など、ゆがみの目立つ部分は
違ってきます。

1.前後

前後でみた時には、
例えば肩甲骨の高さが
左右で違う。

骨盤の高さが左右で違う
などのゆがみが確認できます。

2.横

横からみた時には、
頭が前に倒れていたり、
背中が丸まった猫背や
その反対に胸が前に突き出した鳩胸、
腰が前にそった反り腰
などが確認できます。

頭が前に倒れていると、
腕も胸側に巻きこむようになり、
巻きこみ肩などが確認できます。

3.中心軸

中心軸のゆがみは頭の上からみた時に、
カラダがぞうきん絞りのぞうきんのように
ねじれた状態が確認できます。

その結果、
正座をした時にどちらかの
膝が前にでる、
スボンの横にあるステッチが
まっすぐにならないなど
がみられます。

先におつたえしたとおり、
ゆがみはカラダに定着してしまった
カラダの癖(くせ)です。

その癖がでてしまうのは、
普段のカラダの使い方になります。

具体的にいうと
姿勢と運動量です。

「ずっといい姿勢でいるなんてできないよ!」


正しい姿勢の基準は
立っている時は
ゴールデンラインと呼ばれる
基準線があり、
座っている時は
坐骨すわりが
正しいすわり方と
されています。

ただし、
ずっとそのように
正しい姿勢でいられる人は
いません。
誰でも姿勢はくずれます。

重要なのは、
姿勢がくずれたままでいないことです。

正しい姿勢を意識し、
姿勢がくずれた時は
いったん正しい姿勢に戻す
または姿勢を変えることを
意識します。

今回の画像のように、
見た目で確認できるような
ゆがみは目立つゆがみとして考えます。

ゆがみんでいる気がする、
ゆがんでいると他人から言われた
という人は、
なるべくお早めに
ゆがみを改善していくことを
おすすめします。