公式ブログ

日々の出来事を更新しています。

不妊症に対する鍼灸治療の臨床データ

カテゴリ:はり治療について, レディース妊活整体&鍼灸について, 鍼灸関連の記事

◆はり治療で妊娠率が1.6倍?◆

現在では鍼灸(しんきゅう)治療の
臨床データが報道されることが
増えてきました。

その中でも有名な記事を
ご紹介していきます。



こちらはドイツと中国の研究チームが
まとめたものです。

体外受精の前後に
はり治療で女性のカラダを
リラックスさせると
妊娠率が向上するというものです。

通常の体外受精での妊娠率は
3割程度とされますが、
通常の妊娠率26.3%が
はり治療を受けたグループでは
42.5%になったという報告です。

その他にも
名古屋市の明生鍼灸院と
明治鍼灸大の研究グループが行い、
日本生殖医学会で報告されたデータでは
体外受精を5回以上受けても
妊娠しなかった女性が
鍼灸治療を受けたところ、
114人中の4割にあたる49人が
妊娠したという報告があります。
(2006年11月10日読売新聞)

なお、不妊に対する鍼灸治療は
WHOが公表している
鍼灸治療の適応症状にも指定されています。

ご参考までに

当院で行う妊活コースのご案内へ戻る↓
画像をタップ